ミニ株・プチ株とは?

ミニ株・プチ株とは?

ミニ株・プチ株とは?

投資を始めようとしたときに、株式投資から始めるという人は多いと思います。投資といって思いつくのが、株式投資という人が多いからではないでしょうか。
しかし、いざ株式投資を始めようとしたとき、株の取引するさいの単位が大きく開始するのに少々躊躇しがちです。そこで、取引できる株の単位(単元株数)が引き下げられ、小額で取引できるようになってきていますが、優良銘柄はまだまだ高くなかなか購入するのが難しいのではないでしょうか。

 

小額で優良銘柄も購入できるように作られたのが、ミニ株(株式ミニ投資)となります。
ミニ株は、単元株数の10分の1で購入でき、配当金も受け取れます。今まで高額で購入がなかなかできなかった優良銘柄も購入可能となりました。また、株数を増やし、所有数が1単元株になると、議決権も得られます。

 

しかし、ミニ株を取り扱っている証券会社、ミニ株で購入できる銘柄も証券会社ごとに変わりますでので、ミニ株を始められる際には、購入したい企業の銘柄を取り扱っているかなど始めに確認する必要があります。

 

実際にミニ株で取引をした場合、どのくらい違うの?

ある銘柄の株価が1株2000円として考えてみます

 

通常は売買単位が1000株単位とした場合、
   2000円×1000株=200万円

 

となり、かなりの大金が必要となります。
またリクスも多きく、株価が下がった際に大きく損をする可能性もあります。

 

 

ミニ株の場合、売買単価の10分の1単位から購入できますので、 
   2000円×100株=20万円

 

となり、小額な資金で取引ができ、リクスを分散することもできます。
※もう少し小額な資金から始めたい方は、『プチ株』もあります。(3〜10万程度から可能)

 

最近では更に小さい売買単位である『プチ株』も登場し、更に株式売買がしやすくなりました。『プチ株』は、1株単位で購入でき、お小遣いでも購入できる金額となります。

 

ただし『プチ株』の場合、JASDAQの銘柄は購入できませんので注意が必要です。

プチ株またはS株

プチ株またはS株の特徴

 

1株単位で少額資金での取引が可能

 

通常の取引所での株取引では、各銘柄毎に1,000株/口、100株/口など売買の最低単位である単元株数が決まっていますが、単元未満株(S株)では、単元株数に関らず1株から取引出来ます。

 

また、いわゆる「ミニ株」は単元株数の1/10単位での取引となりますが、単元未満株(S株)なら1/100、1/1,000単位等で取引出来ますので、より機動的な投資が可能です。

 

 

ミニ株で気をつけなくてはいけないこと

ミニ株は、単元株で取引するのとは異なり、前日に注文を取りまとめて、注文の翌営業日における寄付価格(始まってすぐの値段)が約定価格(値段)となります。そのため、前日が高かったから売ろうと思っていたら翌日の寄付価格が下がることもあります。もちろんその反対に、安いけど売ろうと思ったら高くなっているということもあります。

 

このように、ミニ株には自分で売買の際、株価を決められません。
しかし始めて株式投資をされる場合、なかなか自分で株価を決められないということがありますので、株価を自分で決める必要のないミニ株がお勧めです。

 

前日に注文を受け付けるということは、前日の一定の時間帯で注文が締め切られます。その時間帯や週末の取扱の有無にも注意しておく必要があります。株価は日々変動しているものですから、久しぶりに取引しようと思ったら時間帯を間違えて取引できなかったとならないよう、注意が必要です。

 

通常、1銘柄しか買えない資金でもミニ株なら複数の銘柄を購入できるというメリットもあります。

 

ミニ株で重要なのは手数料で、通常の株取引とさほど変わらない手数料が発生しますので、手数料を差し引いた際の手取り金額が少ないというデメリットもあります。
また、リスクを分散するために、多くの銘柄を購入するとその都度手数料が発生しますので、ご注意ください。

ミニ株・プチ株の取扱会社

カブドットコム証券 ミニ株とは?,プチ株とは?,S株とは?,株式投資,証券会社,

初心者、中級車におすすめ!

 

ミニ株・夜間取引開始で注目の会社

 

 

 

丸三証券 ミニ株とは?,プチ株とは?,S株とは?,株式投資,証券会社,

無料セミナーなど初めてでも、簡単・安心・お得!初心者におすすめ!

 

新規口座開設から2ヶ月間は手数料無料!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ