株とは?

株とは?

株とは?

株式とは、企業(株式会社)の資本の構成単位であり、株式会社が発行する出資証券を言います。
法律上は、株主としての地位である「株主権」を指しますが、通常は株券そのものを指して株式と呼ぶことが多いです。
企業は株券を発行し、お金に換価し、そのお金が資本金となり、会社を経営します。
一般に株式(株券)を持つということは、その企業にお金を出すことであり、間接的にその企業の経営に参加することを意味します。

 

 

株式の売買出来る会社の株は、大きく分けて3種類あります。

 

一つは創業者(身内関係者、子孫を含む)、またはその会社関係(持ち株会社を含む)がもっている安定株。(出回りません。)

 

二つ目は、取引先の銀行やお金を運用している生命保険会社等が持っている株。(これもほとんど出回りません。)

 

三つ目は一般に出回っている流動株。

 

実際に一般的に取引されているのは、三つ目の流動株です。

 

 

株を購入するという事は、企業の経営権の一部を手に入れることになります。
企業の成長に賭けるので、買った株式数に応じて、経営に対して発言できるようになったり、企業の利益から配当を受け取れたりします。株主優待などの特別なサービスも受けれる場合があります。

 

また、人気の企業や成長が見込まれる企業の株式は多くの人が欲しがるので、需要が増える結果、株価が上がることになります。これが“株が上がる"ということです。逆に、倒産寸前の企業や何か問題を起こした企業の経営権を欲しがる人はあまりいません。そうなると、株価はどんどん下がることになります。

 

この株価の変動を利用して安い時に買い、高い時に売るのが株式取引の基本で、これにより、利益を積み重ねるのです。

 

もちろん、気に入った企業の株式を売らずに持ち続けることで発生するメリットもあります。
その企業が将来的に成長し、株価が上がると、株を買った人も得をすることになります。

 

株はいつでも上がったり、下がったり毎日変動しています。
最近では超短期でその日に買って、その日に売ってキャピタルゲインを稼ぐデイトレードも人気です。

 

株の値動きは、その企業の動向だけでなく、国内の経済状況、海外の市場とも連動していますので、情報収集は欠かせません。


ホーム RSS購読 サイトマップ