チャートの見方 ローソク足・寄引同事線について

チャートの見方 ローソク足・寄引同事線について

チャートに見方 ローソク足|寄引同事線

どの銘柄を買うのか?また買い時、売り時のタイミングの元となるのが、株価チャートです。
まず、株価チャートで一番基本にするのがローソク足です。
ここではローソク足の寄引同事線について解説します。

 

 

ローソク足・寄引同事線について

 

陰線は、始値よりも安く終値がついたときに使われます。
チャート上に表示された陰線の形については、下の表を参照ください。        

 

 寄引同事線 (俗称:とんぼ)
 極上位、下位に限らず出現したら転換点を表します。
 寄引同事線 (俗称:トウバ)
 上位に出れば上げ止まります。

 その他は気迷いで売り・買いが保ち合っている時に出現。

 寄引同事線 (俗称:足長同時)
 売り、買いの勢力が同じなので、どちらに傾くかは不明。

 保ち合いの場合もあります。

 寄引同事線 (俗称:十字線、星)
 転換の暗示。

 どちらかと言えば底値に多く出現します。

 寄引同事線 (俗称:四値同時)
 週足ではまずでないが、薄商いの中では転換線にもなる。
 寄引同事線 (俗称:下十字)
 買い勢力が弱い時に出現。
 寄引同事線 (俗称:上十字)
 買い勢力が強い時に出現する。

 

 

        ローソク足・陽線について     ローソク足・陰線について


ホーム RSS購読 サイトマップ