ローソク足・陽線について

ローソク足・陽線について

ローソク足|陽線について

どの銘柄を買うのか?また買い時、売り時のタイミングの元となるのが、株価チャートです。
まず、株価チャートで一番基本にするのがローソク足です。
ここではローソク足の陽線について解説します。

 

ローソク足・陽線について

 

陽線は、始値よりも高く終値がついたときに使われます。
チャート上に表示された陽線の形については、下の表を参照ください。    

 

 陽線 (俗称:陽の丸坊主)
 極めて強い線で、今後相場が上がる可能性が高い。

  安値圏だと上昇転換、高値圏だと下降転換の可能性もあります。

 陽線 (俗称:陽の大引坊主)
 先高が見込める線。

 連続して下げ後に底値で出現すれば更に先高が見込めます。

 陽線 (俗称:陽の寄付坊主)
 強い線でこれも先高が見込める線。

  しかし、高値圏で出現した場合は、下落もあるので注意が必要です。

 大陽線 (特徴:長い陽線)
 極めて強い線。

  続けて上昇する可能性が高い線です。

 小陽線 (特徴:短い陽線)
 売り・買いが保ち合っている時に出現。

  どちらかと言うと上昇の可能性が見込める線です。

 小陽線 (俗称:陽のコマ)
 小陽線と同じで、保ち合っている状態。

  直前の様子から判断する。

 上ヒゲ陽線 (特徴:上にヒゲが長く伸びた陽線)
 弱い線。

 買う力が弱いため、下落する可能性が高い時に出現します。

 下ヒゲ陽線 (特徴:下にヒゲが長く伸びた陽線)
 強い線。

 売る力が弱いため、上昇する可能性が高い時に出現します。

 下ヒゲ陽線 (俗称:カラカサ、クビツリ、タグリ足)
 中段で出現した場合は、保ち合っている状態。

 上値で出現した場合は、転換線にもなります。

 出現した位置に注意が必要です。

 上ヒゲ陽線 (俗称:トンカチ、トウバ)
 中段で出現した場合は、保ち合っている状態。

 上値で出現した場合は、転換線にもなります。

 出現した位置に注意が必要です。

 

 

    ローソク足・陰線について     ローソク足・寄引同事線について

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ