外国為替FXとは?

FXとは外国為替証拠金取引(Foreign Excange)の略で通称FXと呼んでいます。FX(外国為替証拠金取引)は外国通貨を売買する取引です。

例えば、円を売ってアメリカドルやイギリスポンドを買ったり、またその反対にスイスフランやユーロを売って円を買ったりする外国通貨の売買取引です。

外国為替がなぜ今注目されているのか?それは、投機が多い投資だからといえるでしょう。投機=増収のチャンスも多いということです。

下記でどういうメリットがあるのかご説明していきます。

外国為替FXのメリット

1.小額の資金から投資ができる

初回の預入金額も5万円~10万円程度で、売買単位も1万円単位などから可能です。
また、総取引代金の2~5%程度の小額の証拠金を委託し、取引できます。

2.手数料が安い

外貨預金や外貨MMFなどでは通常ドル建てで50銭~1円の為替手数料がかかりますが、多くのFX(外国為替証拠金取引)手数料は片道10銭以下となっています。

3.24時間対応できる

電話取引だけでなく、パソコンや携帯電話(携帯端末)からのネット取引も対応しており、24時間対応しているところが多くなっています。また、取引口座への入金もネットバンキングを通じて、24時間ほぼリアルタイムで反映されるところが多くなってきました。 株式投資と違い、24時間世界中の市場で取り引きされているので、仕事が終わって帰宅してからでも、値動きを見ながら投資ができます。

4.利益を得るチャンスが多い

ここ2~3年でドル円相場は1ドル 100円から80円くらいを常に上下しています。 値動きが盛んと言うことは、それだけ投資チャンスが多いということです。

取引方法

株式投資と非常に良く似ています。
『安く買って高く売る』と利益が出てきます。また売買形式も成行注文・指値注文・信用取引のように買いと売りからも投資できます。この他に、IFD・IFO・OCOなどロスカットができる取引方法もあり、損失を最小限に抑えることも可能です。

例題

例えば現在の為替相場(1ドル100円と仮定)よりも今後は円安になると予想した場合、「為替レート:1ドル100円」で1万ドル購入したとします。その後、1ドル110円の円安になったとします。

通常の総取引代金は・・・

100円×1万ドル=100万円 となります。

しかし、外国為替FXであれば・・・

証拠金率を5%と仮定すると
100万円×5%=5万円 を用意するだけで取引可能となります。
その後、1ドル110円の円安になった時点で、売却したとます。

売却時の利益は・・・

110円×1万ドル=110万円 ⇒ 10万円の利益となります。
証拠金(保証金)として小額を用意すれば取引が開始でき、利益を得ることができます。例題の場合、5万円の出資で110万円の取引ができ、10万円の利益が出たことになります。

  • 実際には手数料など、別途費用がかかります。
  • 1万米ドルあたり1日75円のスワップポイントとした場合、30日の運用期間だと2250円の運用益となります。
  • 予想がはずれ、90円の円高に市場が動いた場合は、上記の例の逆で、10万円の損失となります。この損失は、先ほどの5万円の証拠金から差し引かれることになります。この場合は、追加の証拠金(保証金)が必要となります。
  • 残高以上の損失になる場合、自動的に取引を約定して大きな損失を出さないようにするサービス「損切り」「ロスカット」を用意しているFX業者も増えています。