外国為替FXチャートの見方

外国為替で取引を行う上で、チャートを見極め、買い時・売り時を見抜くのが大事です。 ここでは、チャートの基本的な見方について解説しています。しっかり覚えて、為替相場にチャレンジ!

基本編 陰線の種類

陰線

俗称:陰の丸坊主

極めて弱い線で、今後相場が下がる可能性が高くなります。
高値圏に出現すると、下降転換を示唆しています。
陰線

俗称:陽の大引坊主

弱気だが、下値抵抗がある線。
下降途中では戻し、下値では上昇ずる転換となります。
陰線

俗称:陽の寄付坊主

強い線でこれも先高が見込める線。
しかし、高値圏で出現した場合は、下落もあるので注意が必要です。
大陽線

特徴:長い陽線

大変弱い線。
今後相場が下がる可能性が高い。高値圏に出現すると、下降転換を示唆。
週足では押しの最初と最後の線となることが多く、要注意
小陰線

特徴:短い陰線

売り・買いが保ち合っている時に出現。

小陰線

俗称:陰のコマ

小陰線と同じで、保ち合っている状態。
直前の様子から判断する。
上ヒゲ陰線

特徴:上にヒゲが長く伸びた陰線

売り人気が強い線。
天井にも出るが、天井からの押し場面によく出現します。
下ヒゲ陽線

特徴:下にヒゲが長く伸びた陽線

強い線。
売る力が弱いため、上昇する可能性が高い時に出現します。
下ヒゲ陰線

特徴:下にヒゲが長く伸びた陰線

弱気だが、買い方の抵抗が強く、中段以上で出現することが多い。

上ヒゲ陰線

俗称:トンカチ、トウバ

中段で出現した場合は、保ち合っている状態。
上値で出現した場合は、転換線にもなります。
出現した位置に注意が必要です。