外為簡単比較なび「外国為替FX」|FX会社はどこがいいの?

FX信託保全で比較

FX会社を選ぶ際に、重要となるのが「FX会社の信頼性」です。
投資、運用資金がFX会社の破綻等によって資金が戻らないと困ります。
「FX会社の信頼性」を判断する指標として「信託保全の有無」がまず重要となってきます。これは投資家が安心して投資できる仕組みです。信託保全は当然として更なる保全を諮るため、その他に「自己資本規制比率」も上げている会社が増えています。

 

当サイトでご案内しているFX会社は、きちんとしていますので安心できると思います。
自分でもFX会社の内容に不安が無ければ投資に集中できると思いますので必ず確認をしてください。
さらには「上場の有無」などから「FX会社の信頼性」を判断し、資産を預けるに値する会社なのかどうかを慎重に選びましょう。

 

信託保全とは

 

自己資本規制比率とは金融商品取引業者が、金融商品取引業を行う上で、保有資産の価格変動等のリスクが顕在化した場合でも、短期間に対応できる支払い能力を有しているかどうかを示す指標です。

 

自己資本規制比率の算出方法

 

【自己資本規制比率(%)= 固定化されていない自己資本の額/リスク相当額 ×100】

 

自己資本規制比率は金融商品取引業者の財務の健全性を測る重要な指標とされ、金融商品取引法第46条の6では、金融商品取引業者はこの比率が120%を下回ってはならないと定めています。

信託保全で比較

FX会社 信託保全先 自己資本規制比率

(最低基準120%)

備考
FXブロードネット 三井住友銀行 585.2% -
マネーパートナーズ 三井住友銀行

みずほ信託銀行

291.0% ヘラクレス
DMM FXは初心者向け 日証金信託銀行

SMBC信託銀行

397.2% -
ヒロセ通商 三井住友銀行 378.5%

(2017年9月末)

-
GMOクリック証券

【くりっく365】

三井住友銀行

みずほ信託銀行
三井住友信託銀行
日証金信託銀行

307.2% -

オススメFX会社

スワップ金利 スプレッド 約定力

マネーパートナーズなら、スワップ金利は業界屈指の高水準で安定して高い!スワップ金利で選ぶならマネーパートナーズで決まり!! DMM.com証券なら、米ドル円スプレッド0.3銭原則固定と業界最狭レベルのスプレッド!他の通貨ペアのスプレッドも狭い! マネーパートナーズの100nanoは、100円、100通貨から取引できる。初心者から上級者まで対応できる。スリップページも無いリアルなスプレッドも安心です。

 

情報量 総合力 取扱通貨

 

FXブロードネットなら、fxwaveとMarketWinの提供により、24時間リアルタイムで為替ニュースを配信。重要指標発表をより早く入手。すべて無料。 GMOクリック証券なら、米ドル円スプレッド0.3銭原則固定。スワップ金利も業界最高水準。FX取引高4年連続「世界第1位」!!上場企業グループ。 ヒロセ通商「LIONFX」は、1000通貨から取引できて手数料0円。取扱通貨ペア数は50種類と豊富。約定スピードも早く、約定率99.9%。