クレジットカードの審査

クレジットカードの審査

クレジットカードの審査

クレジットカードの審査について解説します。

 

クレジットカード会社の審査は個人信用情報期間に登録されている個人情報を判断材料として可か不可を決めます。
不可になるケースで一番多いのが事故情報が記載されているケースです。

 

金融機関の事故情報とは、過去にクレジットカードの支払いの延滞、債務整理(任意整理ないし破産などの法的整理)などの理由により不払い期間が発生している場合、最低でも5年はその情報が載っていますのでその間は、新たなクレジットカードを作成する事は非常に難しくなります。
これらの情報は、クレジットカード各社が加盟している信用情報機関に記録されているので、たとえ別のクレジットカード会社に新規カードの作成を申し込んだとしても、その情報に基づいて断られます。

 

 

クレジットカードに申込むと、まず初めにカード会社の審査を受けることになります。審査の基準はカードの種類や発行会社によって異なりますが、基本的には申込者の属性(職業や年収、信用情報等)を元に審査が行われます。

 

一般的に、本人もしくは配偶者に安定した継続収入があることが条件。そのため、無職(学生・老齢年金受給者など除く)の人が審査に通るのは難しいといわれています。ただ、無職でも不動産収入や投資収益のある人、あるいは遺産相続や贈与による資産をもち金融機関と取引実績があれば、取引先と同系列のクレジットカードであれば発行されることがあります。

 

フリーターや派遣社員は定職ではないとみなされ、その雇用形態や収入により審査否決となるケースはよく見られますが、昨今の雇用形態の変化から以前よりは緩和されています。

審査に通るか不安。それでもクレジットカードを作りたい!

クレジットカードが作れない大きな理由のひとつが「利用実績が無い」こと。でも、はじめの一枚が作れなければ、利用実績を作ることはできないですよね。

 

本当に欲しいカードの審査に落ちてしまう前に利用実績を作っておきたいものです。でも審査に通るか不安。そんな方にピッタリなのが楽天カードです。

 

楽天カード

楽天カードは6年連続人気No.1のカードです。

 

TVCMでもやっている通り、印鑑も免許証もいらない慎重ながら対応の早い簡単審査で人気のクレジットカードです。
新規入会キャンペーンで時期にもよりますが、楽天スーパーポイントが5,000円〜8,000円も付いてきます。

 

年会費は無料ですが、海外旅行障害保険も最高2,000万円も付いています。さらにネットショッピング保険も付帯しますので非常にお得です。
提携ブランドもVISA、マスター、JCBと選ぶことが出来ます。

 

楽天スーパーポイントは電子マネー楽天EdyやANAマイルにも交換できるので使い勝手が非常にいいと思います。
使っていくうちに実績が付き、ショッピングやキャッシングの限度額も増えていきます。

 


楽天カード:新規入会+利用でもれなく5,000ポイントプレゼント!


ホーム RSS購読 サイトマップ